ホーム > 現金化 > クレジットカードの処理はどうなるのか

クレジットカードの処理はどうなるのか

クレジットカードの現金化を利用したいと考えた場合、どんな取引処理をしているのかを知っておくことは、利用するためにも重要となるでしょう。

知らないまま使うのは、リスクがあることですので、しっかりと知るということが必要です。

 

単純に考えるため、10万円利用すると考えてみましょう。

まず、10万円の商品をクレジットカードのショッピングとして購入します。

たとえば、還元率が100%になるように、これをその場で返品したとしましょう。

そうすると、本来現金が戻ってくるはずがないのに、10万円の現金が戻ってくる可能性があるのです。

 

ここで何が起きているのかといえば、クレジットカードを利用すると、カード会社に対して利用履歴が送られ、手数料が引かれた形で販売した側にお金が来ます。

ところが、キャンセルをすると、その場であれば、キャンセル処理を行うことになるのです。

そこで、1日置いてからキャンセルすると、クレジットカードの処理は終了しているため、販売した側は手間もかかることから、現金で支払いすることが多くなります。

これが、この現金化の流れになるのです。

 

もちろん、カードには使用履歴が残りますので、返済の義務は発生します。

この現金化では、還元率が100%になったため、返済の際の金利負担のみで10万円を手にすることができたといえるでしょう。

 

これを返品しなかった場合で考えれば、単なる商品の購入処理だけで終わってしまいます。

商品を購入しただけとなりますので、何ら問題となるような処理は行われないのです。

非常に便利で手軽な方法であるといえるでしょう。


タグ :